アトピーは遺伝するもの?

皮膚炎の中でも重度のアトピーですが、アトピーは遺伝するものなのでしょうか。

 

親から子への遺伝率は高い

 

両親のどちらかがアトピー体質である場合は約30%、両親ともにアトピー体質である場合は50%と、高確率で子供に遺伝すると言われています。このため両親がアトピー体質であった場合、子供は発症に気を付けなければなりせん。また日本人の約10%は元々アトピーを発症するアトピー素因というものを持っているため、アトピーは遺伝に関わらずとも発症しやすいものなのです。

 

遺伝でなくても発症する可能性はある

 

しかし両親や祖父母がアトピー体質でない場合でも、ある日突然アトピー性皮膚炎を発症する可能性は大いにあります。これはアトピーが発症する原因が、遺伝によるものではなく日常生活の中に様々な要因が潜んでいるからです。身近なもので言えば、家の中のほこりやダニといったハウスダストです。ハウスダストが肌に付着したり吸引することで、アレルギー反応が出てしまいアトピーを発症してしまいます。

 

また乳児期の未発達な消化器官で、アレルギー要素を持つ食品を摂取した場合、大人より過剰な反応が出てしまい、アトピーを引き起こす可能性もあります。乳児期の食事は注意して行う必要があります。大人でもアトピーを発症する恐れがあります。具体的な原因では、ストレスや睡眠不足が挙げられます。ストレスや睡眠不足により自律神経の働きが乱れ、結果としてアトピーを引き起こしてしまうのです。このように、遺伝でなくてもアトピーを発症する可能性というのは身近に多く潜んでいます。