アトピーとは

肌に激しい湿疹やかゆみ、痛みを伴う場合、アトピーを発症している場合があります。一度は聞いたことがある病気だと思いますが、アトピーとは具体的にどのようなものなのでしょうか。

 

アトピーとは

 

アトピーはギリシャ語で「特定されていない」という意味を持つ「アトポス」から由来した言葉です。患者の多くはアトピー素因というものを持っています。アトピー素因とはアトピーにかかりやすい傾向のことで、家族がアトピー素因を持っていたり、過去の疾患でアレルギー性鼻炎や結膜炎、気管支喘息、アトピー性皮膚炎のうちどれかを発症している場合、発症しやすいとされています。アトピーという名前が付いた病気はアトピー性皮膚炎で、アトピーというと皮膚炎をイメージする方が多いです。

 

アトピー性皮膚炎とは

 

アトピー性皮膚炎は、普通の皮膚炎と比べかゆみが強いのが特徴の湿疹です。発症時期は主に小児期です。大人になり発症すると、軽い症状で治まることが多いですが、稀に重症化することもあります。

 

アトピー性皮膚炎の原因は様々なものが考えられます。原因の多くは、空気や肌に触れるものに潜むダニや細菌、ゴミ、食べ物の成分がアレルギーを引き起こす原因物質となり、これらから体を守るために抗体が作られ皮膚に炎症となって表れます。アトピー性皮膚炎が発症した肌は、肌本来の持つ保湿機能が失われ乾燥肌になってしまいます。乾燥は肌に刺激を与え、更にかゆみを引き起こし、症状を悪化させるというサイクルに陥ってしまいます。