赤ちゃんのアトピーの原因と治療法

赤ちゃんの肌は大人に比べるとデリケートで、少しの刺激ですぐに肌トラブルが起こってしまいます。アトピー性皮膚炎も肌トラブルの一つで、一度発症するときれいに治すのに時間がかかります。今回は赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の原因と治療法についてご紹介します。

 

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の原因

 

赤ちゃんは全ての器官が未発達で、アトピー性皮膚炎を引き起こす肌や消化器官なども大人に比べ弱い状態です。皮膚に対しては汗や汚れ、ダニや細菌などの外部からの刺激に対して弱い肌が過剰反応してしまい、アトピー性皮膚炎を発症してしまいます。消化器官は未発達な胃腸でアトピーを引き起こす可能性のある食品を摂取すると、大人より大きな反応が出てしまい、体を守るためアレルギー反応を引き起こしアトピー性皮膚炎として症状が出てしまいます。その他にも家族で過去にアトピー性皮膚炎やアトピー素因が原因の病気を発症している方がいる場合、赤ちゃんも発症しやすい傾向になってしまいます。

 

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の治療法

 

赤ちゃんがアトピー性皮膚炎を発症してしまった場合、まずは小児科か皮膚科を受診しましょう。いきつけの小児科がある場合はまずそちらを受診し、詳しい症状を伝えましょう。赤ちゃんは自分の意思を伝えることが出来ないので、親がしっかりと監督し、症状を伝えましょう。治療はまずアトピー性皮膚炎を引き起こした原因となるものを特定します。その原因を取り除く生活習慣を指導し、投薬治療で症状を抑制しながら治療を行います。また普段のスキンケアも重要となります。赤ちゃんは肌が弱い上汗をかきやすいため、正しいスキンケアで肌への負担を減らしましょう。