日常生活に潜むアトピーを悪化させる要因

アトピー性皮膚炎を悪化させる原因は、日常生活の中に多く潜んでいます。今回はアトピー性皮膚炎を悪化させる原因についてご紹介します。以下のものはなるべく避け、アトピーの悪化を防ぎましょう。

 

気温の上昇による発汗

 

気温が上昇すると汗をかきやすくなります。汗をかいたまま放置しておくと、皮脂や雑菌と混ざり合い、肌を刺激する物質に変化してしまいます。これらはニキビや炎症の肌トラブルの原因になると同時に、アトピー性皮膚炎を悪化させる原因にもなります。汗をかいたらすぐに拭き清潔を保ち、細菌の繁殖を防ぐようにしましょう。

 

乾燥

 

周りの空気が乾燥すると、肌に元々ある水分が蒸発してしまい、肌のバリア機能が低下してしまいます。肌を守るバリア機能が低下すると、肌が弱くなってしまい、少しの刺激でも過剰に反応するようになってしまいます。乾燥は冬場に多いものですが、クーラーや扇風機の風に当たる夏場も知らないうちに肌が乾燥していることが多いです。乾燥対策は一年を通して行うようにしましょう。

 

ダニやほこり

 

ダニやほこりは気密性が高い住居の中で多く見られ、いわゆるハウスダストと呼ばれています。これらが肌に付着することで炎症を引き起こし、アトピー性皮膚炎を悪化させてしまいます。ダニやほこりによる悪化を防ぐには、こまめな掃除と換気が効果的です。

 

ストレス

 

一見すると関係のないように見えるものですが、ストレスを受けると自律神経の働きが乱れ、体の働きが正常に行われなくなり、肌の保護機能も低下してしまいます。これにより外部からの刺激に弱くなり、アトピー性皮膚炎を悪化させてしまうのです。