季節によってアトピーは悪化する?季節ごとの対応方法

アトピー性皮膚炎を発症してしまうと、肌の保護機能が低下してしまい、少しの刺激でも肌にダメージを与えてしまいます。外部からの刺激はある程度防げますが、季節の移り変わりによる湿度や気温の変化は、アトピー性皮膚炎に大きな影響を与えます。今回は、季節ごとのアトピーの対処法をご紹介します。

 

 

春は花粉などのアレルギー物質が空中に散布し、肌が敏感になりやすい季節です。また紫外線も徐々に強くなってくるため、しっかりとした対策が必要です。春先は花粉などが肌に付かないように出来るだけ肌を隠す服装で外出するようにしましょう。外出先から戻った際は、服に付着した花粉をしっかりと払い、家の中に持ちこまないようにしましょう。

 

 

夏場はアトピー性皮膚炎が一番悪化しやすい時期です。大量の紫外線による外部からのダメージと汗をかくことによる肌への刺激と雑菌の発生などアトピー性皮膚炎の方には注意が必要です。まず汗をかいたらすぐに拭い、雑菌が繁殖しないように気をつけましょう。汗を拭う際はタオルで肌に軽く押しつけるようにして、優しく拭い取りましょう。紫外線ダメージに対しては、衣服や日傘、帽子、日焼け止めなどの紫外線対グッズを活用するようにしましょう。

 

 

秋は症状が落ち着く季節ですが、イネ科の植物からの花粉や気温の変動などに注意しましょう。花粉対策に関しては春と同じように、気温の変化に対しては肌の保湿ケアで外部ダメージから肌を守るようにしましょう。

 

 

冬場に一番気をつけたいのが空気の乾燥です。乾燥に対しては保湿ケアを重点的に行う、加湿器を利用するなど肌を乾燥させないように気をつけましょう。また熱いお湯や暖房器具で肌を温めると、かゆみがひどくなる恐れがあるので、適度な利用を心がけましょう。