アトピー治療流に飲酒は大丈夫?

大人のアトピーは重篤な状態になることが多く、治療も難しくなります。大人のアトピーで気になるのが治療中の飲酒です。アトピー治療中は飲酒しても大丈夫案のでしょうか。

 

アルコール自体に問題はない

 

アルコールを摂取することでアトピーが悪化するということはありません。適量であれば体にも問題はありませんし、ストレス発散にもなります。ただし過剰な飲酒は悪影響を及ぼします。過剰飲酒が長期間続くと、肝臓の正常な働きを阻害します。肝障害が起こると皮膚のかゆみが悪化し、我慢出来ずかいてしまい症状が悪化するといった悪循環が出来てしまいます。肝臓は沈黙の臓器とも呼ばれており、異常が出ても自覚症状がないのが問題です。肝障害が起こりアトピーを悪化させたとしても気付くのは悪化してからというパターンが考えられます。

 

個人差で急性的な影響がある

 

元々お酒に弱い方やその日の体調、飲酒量によっては急性的にアトピーへの悪影響が出る場合があります。まずアルコールによる血管拡張作用です。血管が拡張されることにより血行が促進され、アトピーが出来た患部の皮膚への血行も促進されます。幹部への血行促進はかゆみを引き起こし、無意識にかいてしまう恐れがあります。

 

またアルコールは中枢神経へ作用し、思考力の低下や麻酔作用を引き起こします。普段は我慢していたかゆみが我慢出来なくなりかきむしってしまったり、麻酔作用でかいても痛みを感じずどんどんかいてしまうという状態になる可能性があります。アトピー性皮膚炎はかけばかくほど症状が悪化します。このため治療中に飲酒する時は量を抑え、自分の体調をしっかりと見極めるようにしましょう。