アトピー性皮膚炎の治療薬の主な種類

アトピー性皮膚炎に対する治療方法はいくつかあり、その人の症状と体質に合った治療薬が使われます。今回はアトピー性皮膚炎の治療薬の種類に付いてご紹介します。

 

ステロイド

 

アトピー性皮膚炎の代表的な治療薬がステロイドです。患部に塗ることで原因である免疫反応を抑制します。ステロイドにも種類があり、症状の段階によって治療薬が使い分けられます。症状が重い方ほど強い効果のあるステロイドが使われます。ステロイドというと副作用が強いというイメージがありますが、医師の指示通り適量を使えば正しい効果を得られます。自己判断で使用するとかえって症状が悪化する場合があるので、使用の際には注意が必要です。

 

免疫抑制

 

ステロイドと同じく患部に塗るタイプの治療薬です。ステロイドが肌に合わない場合や思うような効果が得られない場合、ステロイドの使用により炎症がある程度治まった時に使用されます。名前の通り塗ることで免疫を抑制する働きのある塗り薬で、皮膚の湿疹を改善する効果があります。これもステロイドと同じく症状によって効果の強さが使い分けられます。

 

飲み薬

 

体の内側から症状を緩和させる薬です。かゆみ止め、免疫抑制の飲み薬以外にもステロイドを用いた飲み薬があります。ステロイドの飲み薬は、塗り薬でも改善出来ないほど重症の場合に使用されます。効果の強い薬なので、医師の指示に従い、正しく飲むことが必要となります。また長期間の摂取に向かない薬なので、使用する際は注意が必要です。免疫抑制の薬も強い効果がありますが、血圧上昇や腎機能の低下などの副作用が起こる可能性があります。こちらも症状が重篤化した場合にのみ使われます。