アトピーでも使えるメイク選び

アトピー肌は少しの刺激でも激しいかゆみを引き起こしてしまいます。そんな中でも困るのが、顔に出来たアトピーです。特に女性は、アトピーが出てしまうと思うようにメイクが出来なくなってしまいます。化粧品に含まれている成分は肌を刺激し、かゆみを引き起こしたり場合によっては症状を悪化させてしまうからです。そこで今回はアトピー肌向けの化粧品の選び方をご紹介します。

 

低刺激のものを選ぶ

 

アトピー肌になると、肌の保湿機能が低下してしまい外部からの刺激に弱くなります。そこでメイク選びは、肌への刺激が少ないものを選ぶのがポイントです。メイクはどうしても肌へ刺激を与えてしまいます。少しの刺激でも肌にかゆみが出てしまう、炎症がひどいという方はメイク自体を避けるべきですが、少々の刺激なら大丈夫という状態であれば、低刺激の化粧品でメイクを楽しみましょう。近年では敏感肌向けの低刺激化粧品のラインナップも充実しており、低刺激化粧品でもメイクを楽しむことが出来ます。自分の肌に合った低刺激の化粧品を選びましょう。

 

テスターで試す

 

自分の肌がどのくらいの刺激までなら大丈夫かというのが分からない方は、店頭のテスターで実際に試してみましょう。最近ではデパートの化粧品専用売り場だけでなく、ドラッグストアでもテスターが用意されていることが多いので、自分の肌に合った商品を選びやすいです。ただしテスターをする場合、広範囲に化粧品を使用しないように気をつけましょう。肌に合わず炎症が起こってしまった場合、範囲が広いと治療の負担が大きくなってしまいます。