アトピー入浴剤ランキング@子どもから大人まで使えるおすすめは?

アトピー 入浴剤

アトピーにおすすめの入浴剤の選び方

 

アトピーの方は普通の人より肌が敏感という事もあり、通常の入浴剤を使ってしまうと肌荒れを起こす・刺激が強すぎる事があるので気をつけましょう。アトピー体質の方は、テキトーに入浴剤を選ばないように気をつけましょう。しかしアトピーにはどんな入浴剤が適しているのか分からない方もきっと多いでしょう。そこで今回はアトピー体質の方におすすめの入浴剤をご紹介致します。ぜひご参考にしてみてください。

 

●殺菌作用が強すぎる入浴剤はおすすめで出来ない

 

殺菌作用が強い入浴剤は、肌荒れしている時にはおすすめ出来ません。
肌荒れしていると細菌などの心配もあるので殺菌作用も確かに大切ですが、殺菌作用の入浴剤を使用していると、余計に肌荒れをこしてしまう事があるでしょう。

 

人間の肌には良い菌と悪い菌が住んでいますが、良い菌は悪い菌を食べてあなたの肌を守ってくれる役割があります。しかし殺菌作用のある入浴剤を使うと、良い菌までなくなってしまい肌が弱くなってしまいます。そのため細菌が入りやすくなってしまうのです。肌荒れしている時こそ、良い菌を残して感染症予防するようにしましょうね!

 

●添加物入りの入浴剤は避けること

 

合成成分が入っていない入浴剤を使うようにしましょう。入浴剤には合成成分で出来た入浴剤と自然素材で出来た入浴剤があります。合成成分は本来自然界にないものなので、身体が「これいらない!」と反応しやすくなり、かゆくなる・赤みが出るなどの問題が出てしまう事になるでしょう。特にお風呂で肌がふやけている時には、吸収率も何倍もアップします。ただでさえアトピーで刺激に弱くなっている時なので、できれば合成成分で作られている入浴剤は避けるようにしましょうね!

 

アトピーに効く入浴剤成分は?

 

アトピーの人はお肌に優しい入浴成分を使うようにしましょう。また保湿成分が含まれたものを選ぶと、入浴中の肌への刺激を防ぐ事が出来るでしょう。

 

●アトピーの人は入浴剤選びに慎重に

 

アトピーの人は通常の人より皮膚が乾燥しやすく、バリア機能が低い状態になりやすいです。たった少しの刺激でかゆみが出てしまう事もあるので、肌に刺激になるものは出来るだけ避けたいですよね。最近では保湿効果の高い入浴剤も出てきてします。アトピー体質の方に向けた入浴剤も出てきているのです。全身浸かるわけなので、入浴剤選びは慎重にならなければいけませんね。

 

●合成成分が含まれていないものを使う

 

入浴剤を選ぶ時、まず気をつけたいのが合成成分が入っているかどうかです。アトピーの人であれば、合成成分が入っていない入浴剤を選びましょう。人工的な化学成分や合成香料が使われているものは避けるようにしましょうね。

 

●保湿成分が入っているものを選びましょう

 

アトピーの方が入浴剤を選ぶ時、欠かせないポイントと言えば保湿成分の入ったものです。肌が潤っているように感じるでしょう。実際、肌に存在している天然の保湿因子がどんどん流れ出てしまっているのです。入浴後に乾燥してしまうのはこのためでもあります。乾燥肌によって肌のバリア機能は低下してしまうでしょう。もともと乾燥しやすいアトピー肌の人は特に注意が必要でしょう。入浴剤にはセラミドやスクワランなど保湿成分が入っているものを選びましょうね。

 

●自然素材のものが効く

 

入浴剤によっては、ハーブやフルーツなど自然素材から作られているものも多いです。合成香料や合成保湿剤など人工的な化学成分が作られているものもありますが、化学成分は人工的に作られているので自然なものではありません。このような合成成分は、身体が拒否反応を起こしやすいので、特にアトピーなどの乾燥肌には刺激が強いでしょう。そのため無添加のものを選ぶようにしましょうね。

 

●炎症を鎮静させる成分配合のものを選ぶ

 

肌の炎症の症状がひどい場合には、無理に入浴せず様子を見るのもいいでしょう。症状を落ち着かせて皮膚の汚れを落とすために入浴してさっぱりしたいところですが、この時使うなら鎮静作用のある成分の入った入浴剤がおすすめです。ハーブ系であればカモミールやラベンダー、ペパーミントなどであれば「抗炎症作用」があるので、刺激に弱いアトピー体質の方にもおすすめです。

 

 

アトピー入浴剤の口コミ、評判は?

 

アトピー入浴剤を使って毎日快適に入浴タイムを過ごしている人も多いようです。そこで今回は実際にアトピー入浴剤を使って皆さんどのような感想を持っているかについてご紹介していきます。ぜひご参考にしてみてください。

 

●保湿成分の高い入浴剤を使っています

 

「アトピーには乾燥がよくないと聞いたことがあったので、保湿効果の高い成分が入った入浴剤を使うようになりました。私にとって、入浴は毎日の疲れを癒すリラックスタイムで、一日の疲れがすぐとれていきます。アトピー体質だと肉体的・精神的なストレスも影響してくるので、ストレスをためてしまうのはよくありません。身体の疲れをほぐしてくれるだけでなく、リラックス効果もあるので精神的ストレスも緩和していくでしょう。もしもアトピーの方で湯船に入るのは習慣にないという方がいたら、一週間に一回でいいのでちゃんと湯船につかるようにしてみてくださいね。入浴剤を入れれば入浴剤の効果も得られて身体も心も元気になるでしょう。ぜひお気に入りの入浴剤を探して、アトピー性皮膚炎を克服してください。」

 

●アトピタがおすすめです

 

「私が使っている入浴剤は、アトピタと呼ばれる入浴剤です。赤ちゃんの肌にも使えるくらい肌に優しい成分で出来ています。その秘密は天然のヨモギエキスで保湿効果も高い入浴剤です。普通の入浴剤の中には余計に乾燥してしまうという入浴剤も多いです。でもアトピタなら赤ちゃんのような敏感肌でも使えるので、アトピー性皮膚炎の人でも安心して使えるでしょう。実際に「アトピタ」を使っているアトピー性皮膚炎の方で、アレルゲン成分が含まれていないなら、アトピタを使ってみる価値あると思います!」

 

アトピーに効く市販の入浴剤は?

 

アトピー肌の方は普通の人よりも肌のバリア機能が弱いので過敏な状態になってしまいます。お子さんでも大人の方でも、アトピー肌質は見た目やかゆみなど悩みは尽きないでしょう。入浴剤も普通のものだとかゆみを起こしてしまい、肌への刺激が心配になってしまいます。アトピー肌タイプの方は、普通の入浴剤を使っていても刺激が強すぎてしまう場合があります。それではいったいどのような入浴剤がおすすめなのでしょうか?ご紹介していきましょう。

 

●アース製薬バスロマン スキンケアセラミド

 

セラミド配合でお湯あがりのしっとり感がバツグンです。パウダー状で入れると、とろみが出て柔らかいお湯になるでしょう。セラミドが入っているので湯上がりもしっとり感が続きます。夏は湯上がりにそのままでも十分しっとりしていますが、冬ならさらに保湿効果をもたせるために、クリームなどでしっかり肌をしっとりさせてあげれば長時間乾燥防止となるでしょう。ただしこちらのホワイトブーケの香りにも好き嫌いがあるので注意が必要です。

 

●花王キュレル入浴剤

 

キュレルシリーズと言えば無香料・無着色・弱酸性が魅力の入浴剤です。敏感肌の方に人気のキュレルシリーズです。こちらの入浴剤は、潤浸保湿セラミド機能成分・ユーカリエキス配合で肌奥まで潤いを行き届かせてくれるでしょう。風呂上がりの乾燥によってアトピーが悪化してしまうケースもありますが、キュレル入浴剤は入浴後の乾燥もしっかり防いでくれるので頼りになります。乳白色のお湯の色は好評ですが、香りは全くないのでつまらないというレビューもあります。無香料なのは嬉しいですが、香りも楽しみたい方にとっては少し物足りないかもしれませんね。

 

自分の好みや体質に合った入浴剤を選んでみてくださいね。

 

入浴後のアトピーのスキンケアは?

 

アトピー肌の方は入浴の時に使う入浴剤にも気をつけなければいけませんが、入浴後のスキンケアも大事です。それでは具体的にどのようなスキンケアを行えばいいのでしょうか?ご紹介していきましょう。

 

●アトピータイプの人には保湿が必要

 

アトピーの人こそ入浴後のスキンケアが重要です。特にお風呂上がりの保湿は最も重要といっても過言ではないでしょう。入浴によって汗や汚れと一緒に洗い流されてしまった潤い成分を取り戻してあげましょう。そして入浴後は必ず保湿クリームを塗ってあげましょうね。またアトピー症状が重くて炎症がひどくなる時には、ステロイド外用薬と保湿クリームを併用すると効果的です。保湿クリームは潤い不足を補うものであり、ステロイド外用薬は炎症を抑えてくれるものです。それぞれに役割があるので、症状に合わせて使い分けるとより一層効果的となるでしょう。目安としては、アトピーの炎症がひどい場合には外用薬+保湿クリームで対処していきます。そして炎症がおさまってきたらステロイド外用薬の使用は控えて、保湿クリーム中心のスキンケアにしてみましょう。

 

●アトピーってどんな肌質のこと?

 

そもそもアトピーとはどのような肌質の事を言うのかというと、アトピー肌の方はかゆみでかいてしまう事によって傷ついて炎症を起こしてしまいます。そして皮膚のバリア機能が低下して潤い成分がキープ出来ないので、お風呂上がりのお肌はカサカサの砂漠状態となってしまうでしょう。皮膚の外側には「角質層」という組織があり、その中には細胞が層となって積み重なる皮膚や、セラミドなどの細胞間脂質によって潤いがキープされるようになります。アトピーは皮脂やセラミドが失われてしまい極端に乾燥しているので、外部からの刺激に対して過敏となってかゆみや炎症を引き起こしてしまうでしょう。